カテゴリー別アーカイブ: Shima

だんたいせん

狼大生混成チームでリアル団体戦に出場しました。
きっど・安倍・石川チームとしま・藤本・助っ人の2チームという編成。
色んなことがあった一日でしたが、ここでは主に私自身の指した将棋について振り返りたいと思います。

【1局目】
地元アマ棋界の有名人と。
僕後手で3手目角交換からの相ダイレクト向かい飛車という意外とよくある将棋に。

▲2八歩と低く打ったので中住まいから逆サイドを狙う作りにしてみました。
本譜はここから△1六歩▲同歩△7五歩▲同銀△7八歩

指している時はこんなもんかなと思っていましたがが、善悪は微妙だったようです。
以下色々あって下図。駒得なのではっきり優勢ではありますが。

△4二玉▲5三角成△3二玉▲7五馬△7八飛▲8六馬△5八飛成

並は△6四銀でそれで悪くないのですが、▲6二と△4二玉▲6三と以下と金と桂馬が働いてくるのが癪。
そこで本譜の順ですが、図の局面は飛車を渡しても△2三玉がスーパー安心ゾーンなので何とかなりそう。
ということで際どい順もあるものの、一応こちらの勝ちになっているようです。

まあ実際のところは銀取られるのうっかりしてて、たまたま飛車切りが落ちていて助かった、
という話なんですがね。。。
実戦は相手が最善を逃したためすんなり終局まで辿り着きました。

チームも3-0でまずまずの立ち上がり。

【2局目】
学生さんでしょうか、若手の方と。
相手チームの大将の方は地元の大会で勝ちまくっている方でしたが、他の二人は知らない方でした。
僕先手で最序盤の駆け引きの末、先手ノーマル中飛車対△7二飛戦法というレアな将棋に。

△5四歩と突いてあり1筋の交換が入っているのでいるので、ノーマル中飛車としては幾分マシな条件。
とはいえこの作戦は居飛車の玉形が固いので、結構中飛車側を持って大変という印象。
図から▲5七金△7五歩▲同歩△同飛▲7八飛というコースも並ですが、
玉形差が生きそうなので本譜は▲6五歩△同歩▲2二角成△同玉▲5五歩を選択しました。

少し進んだ図。
この△3三銀は一目悪手といった感じで、▲6三歩が入りはっきり良し。
以下△6三同金▲6五銀△同銀▲同桂△5四金▲6六歩△6四角

▲5八金△4六角▲4七金△6八角成▲5三桂不成

と進んで優勢が確たるものとなりました。
この将棋は序盤から終局までそこそこよく指せたと思います。

チームは1-2。

【3局目】
ここから本戦トーナメント。
相手は若手で、後で調べて分かったのですが地元大学のチームだったようです。
僕後手で相手の四間飛車にマイブームの古典流を採用。

△6四銀△8四飛型に組めて△7五歩まで入ると僅かに居飛車良し、
という前提の元で年末年始に色々調べていたので
実際そうなったのでまずまずかな、と思ってはいました。
以下▲7八飛△7四飛▲7五歩△同銀▲6五歩△7七角成▲同飛

かなりシンプルですが、どうやら数ある中で最も振り飛車側が対抗できる順だったようで
△7六歩▲7八飛△8六歩や△6五桂▲7八飛△7七歩といった順が考えられ、
今後の検討課題と言えそうです。

(2017/3/1追記)
ネット将棋で逆を持ったところ、△7六歩▲7八飛△8六歩▲同歩△9九角。なるほどこうでしたかー。
指している時は他の変化と混同していて、何も考えずにすぐ桂を跳ねてしまったのがアレでした。
仕掛けが入れば居飛車僅かに良しが崩れなくてよかったです。

本譜は△7六歩▲7八飛△6五桂でしたが、やや中途半端でした。

▲8三角△6四飛▲7六銀と進んで上図。
ここでは△7七歩とするしかありませんでした。
以下全部取り合って振り飛車側の手番なので自信はないですが、そこまで差がついてはなかったです。
本譜は△同銀と取って、以下やはり取り合いとなるのですが。

ここまで進むとはっきり悪いですね。
飛車を先手で下ろせるので悪いなりにもなんとか、と思ったのですが、こうして見るとド大差。
どうしようもない負けの上に研究課題も突きつけられた格好で、
「年末年始の研究にかけた時間が全部水の泡だよ~」ってボヤいたら苦笑されちゃいました。

チームは1-2。
本戦1回戦で敗退となりました。

———-

対局の振り返りは以上になりますが、この日極めて重要な話を聞いたのでそれに関して思うところを述べておきます。
このブログにも何度か記事を書いていますが、5年ほど前から広島のとある大会に出るようになりました。
最初の年こそ1つ下のクラスで出ましたが、中国・山陰地方の強豪が勢揃いしている様を見て翌年以降は上で出ています。毎年大会では勝ち越すのを一つの目標にしているのですが、それはそういった上位クラスの方々と指すのを目指しているからです。
氏を初めて見たのはこの大会ででしたが、毎年加古川青流戦アマチュア予選に参加されていることもあり、目標とする方の一人でした。そして今までで唯一それが叶った方でもあります。
今年も、来年も、それ以降も、出続けることが出来る限りずっと目標であり続けたことでしょう。
いつも青流戦参加賞の「棋士のまち 加古川」タオルを首にかけてらしたので、次に指した際には勝手ながらそのお礼をするつもりでした。どうでもよい事かもしれませんが、この場を借りて御礼申し上げます。

電子版週刊将棋

先日、週刊将棋が休刊となることが発表されましたね。

雨宮編集長のコゴト@休刊のお知らせ
https://book.mynavi.jp/shogi/blog/detail/id=44112

私も数年前に講座目的で購入していた時期がありましたが、
最寄りのローソンがなくなった時期と重なったこともあり長続きしませんでした。

しかし時は流れ、今は電子版週刊将棋というものがあり便利になっています。

週刊将棋 | マイナビブックス
https://book.mynavi.jp/ec/products/contents_type=30

以前は外部のサービスに委託する形だったため、独自アプリをインストールした上で
その中でしか使えないというお世辞にも使い勝手の良いとは言えないものでしたが、
こちらではマイナビ本家が提供しているpdfダウンロード版なのでそれなりの使いやすさが期待できます。

この度この電子版週刊将棋を購入したので、どのようなものであるかを簡単に紹介したいと思います。

続きを読む

広島の話2015

昨年に引き続き、今年も升田幸三杯将棋大会に参加してきました。
そこで指した将棋を簡単に振り返りたいと思います。

【1局目】
広島で名の通っているベテラン強豪の方と早速当たりました。
少し前よりある筋から勧められて四間飛車を指していますが、
さすがにここは一発入れるためにも普通に居飛車で挑むことにしました。

2015-09-05a

△4→3戦法相手に馬を作って対抗した将棋の中盤戦。
一時はまずくした将棋でしたが、ここは割とヨリが戻っている感じがします。
▲5七歩から駒損を取り戻すぐらいで難しかったというのが感想戦での結論。

実戦は▲9五歩△同歩▲9七歩△同香▲6四歩△同金▲9四歩と端を攻めました。
△9四同香▲同馬△8五銀▲9五馬△9四歩▲8五馬△同角▲7六銀

2015-09-05b

この銀が手厚いので馬を殺されてもやれると踏んでいたのですが、
△7六同角▲同銀△6五銀と絡まれてよく分からない感じに。
そこでまだしも▲3二角と打てば難しいところがあったと思われますが、
千日手含みの▲7七銀が敗着。△5四角と進んでみると全然駄目で呆れました。

2015-09-05c

さすがにここからははっきり負け。

【2局目】
知ってる人は知っている小学生強豪(小2)が相手。
前日にチャットに「この子に勝つのを目標にします。」などと適当な事を書いたところ
本当に当たってしまいました。

2015-09-05d

将棋は△四間飛車対▲居飛穴に。
見ての通り振り飛車側がかなり得をした序盤戦で、図の局面は早くも振り飛車優勢。
終盤かなりヨレまくったものの、元があまりに大差過ぎて大勢に影響なし。

余談ですが、彼に限らず少年には対振りに棒銀をやって欲しいと思っています。
押し引きや自陣の手の入れ方を身に付けるのによいというのがその理由。

【3局目】
広島で代表を何度も取っている方と。

2015-09-05e

普通の△四間飛車対▲居飛穴模様ですが、ここで▲6六歩ではなく▲9九玉。
ネットでは極稀にやられる指し方ですが、まさかリアルでやられるとは思いませんでした。
△4五歩としても結局▲6六歩か角交換になるので通常型となるのですが、今回は△6五桂。

2015-09-05f

長い序盤戦を経て図の局面。
「狙った局面にならなかった」とのことで、ここでは振り飛車が十分になっています。
△8四歩とでもしておくのが自然でしたが、実戦は△2二飛。あまり良くなかった。

2015-09-05g

もう少し進みこんな感じ。
次の一手を完全に見落としており、ここからは粘ることも出来ず負け。

【4局目】
年配の方が相手。
▲四間飛車対△右銀急戦になると思いきや、一度出た銀を玉側に戻していき持久戦に。

2015-09-05h

上図から▲4八角△8二飛▲7四飛△8六歩▲9三角成

2015-09-05i

お疲れ様でした。
さすがに作戦に無理があったようです。

【5局目】
鳥取の強豪と。お名前を何度か拝見している方なので、楽しみにした相手の一人。
将棋はオーソドックスな▲四間飛車対△居飛穴に。

2015-09-05j

序盤早々に勘違いがあり、予定していた作戦とは違った形になっています。
まだ具体的に形勢に差は付いていないものの、既に面白くない展開だと思っていました。

ここで▲7八飛と浮いたのが疑問手。△7三桂と跳ねる手が間に合って居飛車ペース。
指しにくくても▲7六歩はあったところで、△8四角▲6九飛で千日手模様でした。

2015-09-05k

進んで上図、ここで▲8七同飛△3二飛に△6九角を防いで▲8六飛と辛抱しましたが、
それでも△6九角と打たれる手がじわっと利いてくる手で居飛車が良くなりました。

感想戦では強く▲8二歩成△8八と▲7一飛と強く攻め合われる方が実戦的に嫌とのことで
まだしもそちらを選ぶべきでしたが、改めて見ても桂を跳ねているのが大きくやや悪そう。
やはり元の設定があまり良くなかったのではという気がします。

(追記)
更に改めて見ると、飛車を取り合った局面は振り飛車がやれてそうですか。
一段目に飛車を下ろしても▲2四歩だけでは△4二銀で崩れないと思い見送ったのですが、
▲3二歩~▲4一角も絡めると受けが利きません。まだまだですねえ。。。

———-

本来ならば6局目も組まれるところですが、手がいないようで5局で終了となりました。
全体的に「振り飛車のこころ」が分かっていないという印象。まだまだですねえ。

らっきぃまん。

【5月28日】
名人戦第5局をネット観戦。

「矢倉かあ。もう一局角換わり腰掛け銀見たいな~。行方頑張れー。」
「あ、藤井流やないか。これうざいからもうええわ。」

恒例の封じ手予想の応募。
「藤井流は謎の多い戦型なので、そのまま定跡となるような名局を期待します。」
(意訳:羽生ちゃん藤井流ぶっ潰しちゃって~。)

【5月29日】
meijinsen1

(・3・)あるぇー。

将棋の方は前局に続き羽生ちゃんが悪い将棋を逆って勝利。

【6月11日】
時は流れ、次期順位戦もとっくに開幕しちゃって、名人戦なんてすっかり忘れちゃった頃。

meijinsen2

( ̄ε ̄〃)b

というわけでそのブツが今日届いたというわけです。

meijinsen3

meijinsen4

記念扇子でしたー。
直筆とかではなくて一般に売ってるやつです。
今使ってる杉本先生のが駄目になったら使おうかしら。

おわり。

勝負術

随分ご無沙汰しておりました。
かなり忙しくしているメンバーもいるようですが、私は相変わらず指し続けております。

さて今回は、先日神戸で行われた西日本支部対抗戦で観戦した将棋から。
3人団体戦の決勝、オーダー的にここを取った側が勝つであろうという勝負どころのカード。

矢倉対右四間から先手が▲5八飛と少し珍しい対抗策を採って図の局面。
歩損で角を押さえこまれている後手が、細い攻めをいかに続けられるかという将棋ですね。

2015-04-28a

▲6四歩は△8七金▲8三歩△同飛▲8四歩で△6三飛と回る手を消しつつ、
と金作りをみた一石二鳥の手。
△6二歩と受けるのでは攻めが続かなくなるので、ここで後手が勝負手を放ちます。

△6二金!

2015-04-28b

▲7一銀が見えているので指しにくい手ですが、
働きの悪い6一の金と交換になれば攻めが厚くなるのでやれるという驚きの大局観。
実戦も▲7一銀を選ばず▲7七銀と攻め駒を消しに行く手を選びました。(※1)

更に数手進んだ局面が下図。

2015-04-28c

ここから
▲9三角成(※2)△同香▲6四飛△6二歩

2015-04-28d

▲7一銀△9二飛▲8四飛

2015-04-28e

と進みます。
歩切れで飛車成りが受けにくく先手優勢を思わせる局面ですが、
ここで後手に素晴らしい切り返しがありました。

△5五角!

2015-04-28f

なんとタダ捨てがありました。
△5七角の王手飛車があるので、この角は取れません。

よって▲8一飛成としますが、△9一飛と遊んでいる飛車も捌きにでます。
これを取るのも損なので▲7二龍と逃げますが、決め手があります。

△9四角!

2015-04-28g

好点の角打ちで一気に決まりました。
どこに龍が逃げても△7六歩、もしくは△7七角成~△7六歩が厳しすぎます。

実戦は以下▲5五銀△7二角▲8二銀成△7六歩▲7八金△4五角と進み、
そのまま後手が攻め切って勝ちとなりました。

戻って第5図の▲8四飛では▲8三金と打つ手が優りました。

2015-04-28h

実に筋の悪い金打ちですが、飛車を奪って攻めるのが早いようです。

相居飛車系の将棋では時折現れる手段ですが、
筋の良さそうな▲8四飛がまずく、いかにも打ちにくい▲8三金が正解というのは
将棋の奥深さを物語っているという感じがしますね。

この後手の方はTwitterで有名なこいなぎ氏。
素晴らしい切れ味でチームの優勝を決めました。

※1
もっとも私見では▲7一銀と打ち、△7二飛に▲7七歩と打つ手もあったと思います。
良し悪しは微妙なところですが。

※2
後に知人と検討した際には▲7八金打とするのも有力という意見が出ました。
実戦の角切りは決めに出た手ですが、逆転のアヤが生じやすい側面もありました。

銀冠穴熊の話。

今日たまたま観戦していた将棋から。便宜上先後逆。

第1図

図は3三に桂を叩き込んだ局面。
よく見るとこれって詰めろなんですね。

え、飛車飛車角角桂桂とこれだけ利いてればそりゃー詰むだろうって?ごもっともです。
一応申しておきますと、8六と7一の角の片方がいなくても割と簡単に詰みます。
ただ両方ともいない場合は詰まないと思います。
もしかしたら難しい手順でうっかり詰んでしまうかもしれませんが。

個人的に四間飛車穴熊相手に銀冠穴熊の作戦を用いることがあるのですが
普通の穴熊と比べても手数掛けて弱体化させているようなところがあり、
自分で選んでおいてなんですが、ちょっと釈然としない部分があることはあります。
実際のところはどうなんでしょうね。ワタクシ穴熊ノコトハ全然ワカリマセーン。

第2図

さて件の将棋は数手進み図の局面。
今度は▲2二銀からの分かりやすい詰みが生じております。
が、残念ながらこれも逃して先手氏は切れ負けとなってしまいました。

表示されている棋力を鑑みれば簡単に詰ませてしまっておかしくないのですが、
時間に追われるというのは恐ろしいものです。

※第1図からの詰み手順
▲2一桂成△同金▲4四角成△同歩▲2一飛成△同玉▲3三桂打△2二玉▲2一金 まで。
手順中8六の角は全く働いておらず、いなくても同様の順で詰む。
7一の角がいない場合は▲4四角成のところで単に▲2一飛成~▲3三桂打とし、
△3三同銀▲同桂不成△2二玉▲3一角成△3三玉▲2二銀△4四玉▲4五金。

※第2図からの詰み手順
▲2二銀△同金▲同龍△同玉▲3一角成△1一玉▲2一馬 まで。
▲2二銀に△同玉は▲3一角成で同様に詰む。